今すぐお金を借りたいならどこがいい?

どんなことをするのにも、お金が掛かる、世知辛い世の中です。毎日しっかり働いていて、十分なお給料をもらっているはずなのに、なぜかいつもお金がない。そんな人たちが世の中にはたくさんいます。

 

「ああ、お金があればなあ。」と何度思ったことでしょう。そんな思いを抱いているのは、あなただけではありません。誰にでもそう思う瞬間があるはずです。
例えば、ちょっとしたことで、思わぬ支払いや出費を強いられることになった場合。

 

冠婚葬祭や突然の入院などにも、お金が必要ですが、カード会員などの年会費や、保険の請求などは、つい忘れてしまいがちです。このように日常的に請求のないものについては、急な支払い請求に慌ててしまったりした経験のある方も少なくないでしょう。

 

しかも、そんな時に限って、余分なお金がなく、つい「お金を借りたい」なんて、思ってしまうものです。

 

こんなピンチの時に、さっとお金を借りることができる駆け込み寺があったらいいですよね。もしもの時のために、普段から、どのようにしてお金を借りるのが、スマートなのかを考えておくことも生活の知恵の一つとして、大事なことではないでしょうか。

 

もしも、お金を借りるとすれば、様々な手段が考えられますが、実は消費者金融は、ピンチの時に役立つ非常に優れた金融機関なのです。
とはいっても、消費者金融については、あまりいいイメージがないのではないでしょうか。

 

消費者金融で失敗しないためにも知識を深めてから借り入れしましょう。

よくある失敗
何ヶ月も返済をしているのに借り入れ残高が思うように減っていなかった
 ↓
元金以外の費用(利息・手数料)がかさんでいるために元金充当額が少なくなっていた
参照元:サラ金はじめての選び方|サラ金太郎が徹底解説!

 

消費者金融といえば、以前には、「マチ金」「サラ金」などと呼ばれ、一般人が利用するような金融機関としての印象はほとんどありませんでした。主な利用者としてはサラリーマンが多く、契約には、対面式の直接契約が必要となり、高額の利子を支払うために、多くの利用者が「サラ金地獄」にはまる、そんな印象しかなかったのです。
しかし、現代の消費者金融は違います。

 

利息に関しての法律もしっかり整備され、利用しやすくなり、面倒な対面式の契約は必要なく、人目を凌いでも借金ができるシステムが確立されています。また、簡単で手軽に利用できるサービスもたくさん備わっているのです。

 

まず、金利について、簡単にご説明します。
2006年に貸金業法の改正に伴って、総量規制という法律が確立されました。これにより、金利に対しての規制が厳しくなったのです。

 

実は、それ以前には、かなり多額の利子の支払いを求められていました。
最近はあまり聞かない言葉ですが、グレーゾーン金利というものを皆さんはご存知でしょうか?

 

 

グレーゾーン金利を簡単にご説明します。
日本には、元々、消費者金融の金利に対して2つの法律が存在していました。

 

その一つは利息制限法です。この法律においては、元金が10万円以内の場合、年利は20%と決められています。しかし、この法律には罰則がありません。
そして、もう一つが出資法です。この法律に規定では、上限年利が29.2%となっています。こちらの法律は罰則があり、違反すると、刑罰が科せられることになっています。
つまり、事実上、利息制限法を遵守する必要はないと考え、消費者金融の多くが29.2%の年利を採用していたのです。

 

この利息制限法と出資法の年利の間の利息帯(20%〜29.2%)をグレーゾーン金利といいます。

 

そして、2006年の総量規制では、このグレーゾーン金利の廃止が決定され、現在は利息について20%を超える請求は禁止されています。
これにより、当時は、グレーゾーン金利で支払っていた消費者金融利用者からの過払い利息請求が後を絶ちませんでした。

 

このように、現在の消費者金融の利息は、法律により管理されているので、利用しやすいものになっているというわけです。
また最近では、無利息ローンというサービスが開始されています。

 

業界最大手と呼ばれるアコムとプロミスでは、初回限定ですが、30日以内に完済すれば無利子で借り入れができるようになっています。さらに、ノーローンにおいては、1週間であれば、何度でも繰り返し無利子での借り入れができるサービスを提供しています。ですので、どうしても利子を支払いは嫌だ、または、なるべく安く済ませたい、と考えている方には、お勧めのサービスとなっています。

 

そして、昨今の消費者金融の申し込み方法もとっても簡単で便利になっています。

 

現在の消費者金融の申込方法としては自動契約機の利用が一般的です。アコムやプロミスでは、各地に無人契約機を設置しており、どこでも申込が簡単にできるようになっています。無人契約機の中は、無人ですが、タッチパネル方式で、誰でも簡単に申込ができるようになっています。

 

また、近年では、インターネットによる申込も増えています。この方法を使えば、いつでもどこでも申込ができるので、とても便利ですよね。

 

2012年には、モビットが「WEB完結型申込サービス」を開始しています。このサービスは、申込だけでなく、借入も返済も、全ての手続きがネット上でできてしまうシステムで、業界初の試みとして、話題を呼んでいます。これなら、自動契約機に行く必要も、銀行やATMにお金を引き出しに行く必要もないというわけです。まさに、「ストレスフリー」なサービスなのです。

 

そして、消費者金融の一番のメリットといえば、なんといってもその迅速な対応でしょう。

 

特に審査のスピードには定評があり、業界の最速時間は30分を記録しています。ちなみに、銀行では、最低2日は掛かるといわれているのですから、その速さがおわかりのはずです。
このように迅速な審査ができる消費者金融ならではのサービスが即日融資なのです。

 

上記でもお話したとおり、私たちがお金を必要としている緊急時には、一刻も早くお金の工面が必要です。そんな時に活躍するのが、消費者金融の即日融資ということになります。

 

このようにピンチの時には是非活用したい消費者金融ではありますが、金利水準は、銀行のそれに比べると、明らかに高めに設定されています。
ということは、消費者金融からの借入は長期的な多額の借金には向いていないということでもあります。

 

一度契約した消費者金融では、簡単にお金の引き出しができてしまうため、ついつい、必要以上のお金を借りすぎてしまう傾向があるようです。くれぐれも借りすぎにはご注意ください。
日常の中で、ちょっとしたピンチに活躍するのが消費者金融です。

 

従って、必要な分だけをさっと借りて、優先的に早く返済するのが、上手な消費者金融の利用方法といえます。
しかし、いくら早く返したいからといって、無理な返済計画はいけません。これは、かえって延滞や滞納、また完済できなくなる危険が高まります。

 

また、延滞や滞納を甘く見るのも禁物です。これらを繰り返してしまえば、ブラックリストに載ってしまうこともあります。そして、その履歴は信用情報機関に記録されているので、後に新たに他社での借入申込む際の際の審査にも響くことになります。

 

ですので、ローンを組むにあたっては、慎重に返済計画を立てた上での借入を心掛けましょう。


このページの先頭へ戻る