会社にお金を借りる方法とは?

出産やお葬式など、人生にはまとまったお金が急に必要になる時が、必ずやってきます。そんな時にはどうしてもお金を借りる必要に迫られてしまいます。
もちろん、お金を借りる方法としては、銀行や消費者金融のキャッシングローンなどの利用を考えることが一般的ですが、もっと身近にお金を貸してくれるところがあります。
それは、あなたの勤務している会社です。

 

しかも、会社にお金を借りると、銀行なんかよりもずっと低金利での借り入れができるのです。
これを、「従業員貸付制度」といいます。この制度の目的は、消費者金融などの借入による債務などから従業員を守ることが主な目的とされています。

 

この従業員貸付制度を利用すると、およそ2%程度の金利での借入が可能です。返済は毎月の給料から天引きされますが、それでもこんなに安い金利でお金を借りることができるなら、是非利用したい制度ですよね。

 

先にも申しましたが、出産については、非常に喜ばしいことではあります。しかし、残念ながら、赤ちゃんを産むのにもタダではないのです。ですが、日本には、「出産育児一時金」制度というものがあり、出産に関する費用をほぼ全額国が支払ってくれる、ありがたい制度があります。ところが、これを受け取れるのは、出産費用を立て替えた後になります。ですので、一時的であっても出産費用を支払わなくてはなりません。

 

出産に掛かる費用はおよそ30万円。結構な値段です。これを用意するのは、そう簡単ではありません。特に若い夫婦に関しては大変でしょう。しかし、消費者金融からお金を借りることにも抵抗がある、という方には、この従業員貸付制度がお勧めです。

 

しかし、この制度には問題点もあります。
それは、労働基準法との兼ね合いです。ネックになっているのはその第17条です。
労働基準法第17条では、「貸付金があるため働かなくてはならない」という拘束を禁止しているのです。

 

そのため、従業員貸付制度の制定には、クリアしなくてはならない問題がたくさんあります。

 

また、手続きなども非常に面倒なことが多いため、この制度を設けている企業はそう多くはないようです。また、会社側からすれば、知名度が低いことも、制定することに消極的となってしまう理由の一つかもしれません。


このページの先頭へ戻る